『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』現在友だち28人ご利用中。 友だちに追加

キッザニア甲子園2部攻略!並ぶ時間で運を呼べ

スポンサーリンク



キッザニア甲子園の2部に関する攻略記事です。

1部攻略の記事はコチラ

いきなりですが、キッザニアには実は有効な攻略法は無いです。なぜなら、お仕事体験は先着順または予約制だからです。

20150701103148

予約は一つしか取ることができず、予約のお仕事が終わるまでは次のお仕事予約はできないです。

例えば16時入場すぐに予約へ行っても、予約時間は20時なんてこともあります。その場合20時までは予約で埋まっていない別のお仕事を探し、例え60分待ちでも並んで待っていないといけないです。

希望のお仕事ができるかどうかは、当日の混み具合によって決まると言っても過言ではありません。
いかに空いている仕事を見つけることができるかが勝負で半分運にゆだねることなります。

しかし、運に左右されず人気のお仕事を一発で仕留めることができる方法があります。

それは誰よりも早くキッザニアに入場することです。その体験をご紹介します。

キッザニア甲子園2部私の作戦

私は休日の2部でキッザニア甲子園に行くことになりました。キッザニアには1部と2部があります。
1部は9:00~15:00
2部は16:00~21:00
まで遊べます。(ちなみに駐車場は7時間分もらえました。)

2部に行くため16:00に行けばよいかと言えばそうではないです。
私は朝8時45分にキッザニアのチケットカウンターに行きました。チケットカウンターはららぽーと内にあります。

まずは、ららぽーとの入口でまず、ご案内カードをもらいます。

20150701103328

10:15受付開始と書いてあります。
受付開始まではあと1時間30分です。1部の人はもう入場しています。

2部の人は25人くらいが並んでいます。並ぶのは簡単で係りの人と看板で2部の人はコチラへと教えてくれます。

この時点では代表者だけが行けばOKです。予約控えを忘れずに!

ここでの注意点!
座って並ぶのだが、ららぽーとのフロアは冷たい。お尻が冷えるので小さなイスやマットが必要です。

20150701103622

どうです冷たそうでしょ。

この日は時間を繰り上げて9:30から受付開始となりました。予定より45分も早まりました。

前回行った時もそうでしたが、この受付開始時間は1部の人の入場が早く終われば前倒しされます。

受付はららぽーと内のチケットカウンターへ。
20150701103704

予約番号などを伝え受付を済ませば、整理券がもらえます。この整理券が後々威力を発揮します。

20150701103735

この日はA-10番台だした。ラッキー、今日は空いてるかも。(ちなみに、前回は7時台に並び始めて“B”でした。)

追記、2017年10月15日(日)は朝8時20分に並び「D」でした。

15:00頃にチケットカウンター前に集合し、整理券の順番にキッザニアに入ることができます。
整理券はS→A→B→C・・・の順で早く入れます。
Sは1部と2部を両方行く人用なので、私は純粋な2部組では20番以内の早さで入ることができるということです。
(なお、この日は“I”の整理券を持った人を見ました。)

そして整理券の順に並べられ、順番にキッザニアに案内されます。
そして我が家は無事に、希望のハイチュウ工場2回目の回を予約することができまし。

手を抜いて朝から並ばなければ入場時間が遅くなり、人気のハイチュウ工場はあっという間に予約で埋まり、体験できなくなります。
キッザニアの2部の戦いは早朝から開始しているのです。

この日は人が少なかったからAの整理券がゲットできたが、本来ならもっと早い時間に行った方が良いです。

並ぶ時間が早ければ早いほど、人気のお仕事をゲットできる可能性は高まります。

この日の予約満席となったお仕事の順番(私か見た中で)は次の通り。
1.ピザ
2.ハイチュウ
3.寿司
4.バームクーヘン
パンやソーセージは意外と遅い時間まで定員とならなかったようです。ほんと、運です。

キッザニア甲子園は子供が主役のテーマパーク。受付に並ぶ主役は親です。

希望のお仕事ができるかは運ですが、早くな並ぶことで運を呼び込むことができます。

朝から正直つらいけど、子供の笑顔を見たら疲れは吹き飛びます。なるべく早い時間に並ぶ、これが悔いの無い遊び方になります。

もっと情報がほしい方へ

当ブログでは他にもキッザニアの記事を作成しています。全て実体験です。情報収集にどうぞ。
キッザニアの記事はコチラ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

セレッソマン

人生はREALTIME ACTION ADVENTURE!をコンセプトに自分を盛り上げるためにブログを書いている。大阪で生活中のサラリーマンでtwitterをフォローすると喜ぶ。