『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』現在友だち34人ご利用中!友だちになるとツイッターでは流さないメモ&日記サイトの更新情報が届く特典あり。 友だちに追加

自転車のメンテナンス ヤマハのパスのブレーキ握り心地調整方法

スポンサーリンク



我が家には電動アシスト自転車のYAMAHAのPASがあります。電動のアシストがあり坂道でも疲れないので重宝しています。

家のはこのタイプの古いやつです。

【2016年モデル】【電動自転車】YAMAHA(ヤマハ)PAS ナチュラL


今はこんなカッコいいやつもあるんですね。

【2015年モデル】【電動自転車】YAMAHA(ヤマハ)PAS Brace-XL

そのPASについて家族からこんな要望がありました。

「ブレーキを握りやすくしてほしい」

自転車屋さんに相談しても良いのですが、自転車ぐらいは自分で調整できると挑戦しました。

ブレーキを握りやすく

まず、握りやすくとはどんな状態をいうのか考えます。私の至った理想の状態は次の2点です。

1、ブレーキレバーが握りやすい、つまりグリップにブレーキレバーを近づける。そう調整すれば、手のひらを大きく広げなくてもブレーキが握れ、握りやすくなります。

2、ブレーキレバーの動く範囲(ストローク)を小さくする、つまりブレーキをグリップに当たるまで引かなくてもブレーキが効くようにする。そうすれば、小さな握力でもブレーキがかけられます。

そして、挑戦しました。いざ、握りやすいブレーキを目指して。

グリップにブレーキレバーを近づける方法

ここでは銀色のブレーキレバーを黒いグリップに近づける作業をします。

2016-01-18_14.20.21

PASのブレーキレバーをよく見るとビスがあります。そのビスを締める方向に回します。

DSC_1871

すると、なんてことでしょう。自然とブレーキレバーが持ち上がり、グリップに近づくではありませんか。

DSC_1872

ほら、グリップ側に持ち上がりこれが普段のブレーキレバーのポジションになりました。これで、手のひらが小さくても握りやすい位置関係になりました。

この作業を両方のブレーキレバーに施し、位置の調整は完了です。

ブレーキレバーのストロークを小さくする方法

ここではブレーキの効きを早くします。その事によりあまり握らなくても、ブレーキが効くようになり、ブレーキが握りやすくなります。

ブレーキはブレーキレバーを動かし、ワイヤーを引っ張ることで作動します。つまり、ワイヤーを引っ張る方向に調整しておけば、ブレーキの際にあまりワイヤーを引っ張らなくても(ブレーキを引かなくても)よくなります。

そのため、ブレーキに対してワイヤーがどこで固定されているか確認します。まず前輪から。

ありました。おもいっきりワイヤーを固定している感が満載のナットが。このナットを緩めて、ワイヤーを引っ張り、再度ナットを締め直せば、ブレーキレバーの動きに対してクイックにブレーキが効くようになります。

DSC_1876

次は、後輪のブレーキです。後輪のブレーキも分かりやすい場所にあります。前輪と同じく、ナットを緩め、ワイヤーを引っ張り、再度ナットを締め直せば調整できます。

DSC_1874

前輪のブレーキはタイヤに直接かかるため、わりとクイックに効くようになりますが、後輪はタイヤの軸に作用するため、そこまでクイックにはなりませんでした。(効き始めるタイミングは早くなります)

こうして、握りやすいブレーキに調整できました。4回ぐらい試乗して調整しました。めでたし、めでたし。

何度も試乗してブレーキの効きを確認しましょう。また、ナットは確実に締めましょう。

ブレーキの効きは安全に直結します。妥協の無いよう作業して、困ったら自転車屋さんにGOです。

ワイヤーを触るから手を切らないように気をつけましょう。また、ブレーキには油をさしてはいけません。滑ってしまい危険です。

ちなみに使った工具はこちら。
ブレーキレバーの位置調整にプラスドライバーを。

Wera プラスドライバー2X100 8720


ワイヤーのナット調整に小さなモンキーレンチを。

スーパーツール モンキーレンチ 110mm


では、楽しいチャリンコライフを!

完全女子版!自転車メンテナンスブック (単行本・ムック) / 山田麻千子/監修 中里景一/監修

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

セレッソマン

人生はREALTIME ACTION ADVENTURE!をコンセプトに自分を盛り上げるためにブログを書いている。大阪で生活中のサラリーマンでtwitterをフォローすると喜ぶ。