『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』現在友だち47人ご利用中!友だちになるとツイッターでは流さないメモ&日記サイトの更新情報が届く特典あり。 友だちに追加

サッカー日本代表の個の力とワガママ

スポンサーリンク



昨日、サッカー日本代表対シリアがありました。仕事で帰宅が遅くなる気がしていて、夜遅めの試合開始だが一応録画していました。

録画、正解でした。昨日、帰宅したのは夜11時です。風呂に入り寝たかったけど頑張って見ました。試合終了の頃は1時になるがかまうものか、サッカーは自分を犠牲にしてでも見たいのです。

シリア戦を見て

前半は0ー0。なんだかボヤっと終わった印象があります。日本は本領を発揮できませんでした。シリアはモチベーション高く、ガッツリと日本に挑んできました。

後半の日本は大丈夫だろうか?と思いました。普段、セレッソ大阪サポーターの私から見ればこのような試合展開の時、セレッソは後半に得点を許し負けるパターンが多いからです。

日本代表もあら?という失点をしてそのまま敗戦なんてならないだろうかと不安がよぎりました。

でもそんな心配はいらなかった。

日本は3ー0で勝利しました。なぜ、セレッソの場合はとても不安になる展開だったのに、日本代表は勝ちきれたのか!ここにセレッソが浮上するポイントがあるかもしれません。

個の力とワガママ

日本代表の強さは個の力によるものでした。チームがうまく機能しなくてもポイントで個の力の差で相手をかわし、勝利を手繰り寄せることができました。

やはり最後は個の力が必要と日本代表を見て再認識しました。

この個の力が今のセレッソには無いんです。肝心な場面でボールを取られる、逃げのパスをする、チャンスを演出できない。

セレッソは個の力が不足しているから、ダラダラと試合が進み、状況が打開できないんだなと思いました。

また、日本代表の選手はワガママにプレーしています。自分がボールをほしい場所に走り込む、自分が出したい場所にパスを出す。そんなワガママなプレーが多いです。

岡崎の得点シーンはまさにワガママな形です。サイドから切れこんだ香川に対し、マイナスのパスではなくゴールに走り込む俺に敵の股を通してでもパスしろ。そんなメッセージを送り、みごとにゴールしました。

セレッソのフォワードなら間違いなくゴールから遠ざかりマイナスのパスを出す要求をします。シュートを打つ姿勢が崩れても、パスコースを作ることを優先してしまいます。

これはゴールよりパスを出す味方を思う、優しさのプレーかもしれません。ワガママと優しさの差が試合の状況を変えるポイントにあるかもしれません。

表面的には岡崎は味方を信じて走り込んだことになりますが、あれは良い意味でワガママなプレーです。最後にシュートを打つ選手が優先される。その連動性が日本代表の強さでセレッソに無い部分と思いました。

当然、ワガママをかなえる個の力があるから成立するのですが、日本代表のゴール前のワガママを見ているとまだまだセレッソは甘いなぁと思いました。マジで勝ちたいからワガママにプレーする重要性を学びました。

なんて感じた夜中の1時、こりゃ寝不足出勤だ。私の個の力は下降します。ワガママに休んでやろうか!

それでは勝利に結びつかない、良い意味のワガママは難しいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

セレッソマン

人生はREALTIME ACTION ADVENTURE!をコンセプトに自分を盛り上げるためにブログを書いている。大阪で生活中のサラリーマンでtwitterをフォローすると喜ぶ。