『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』現在友だち34人ご利用中!友だちになるとツイッターでは流さないメモ&日記サイトの更新情報が届く特典あり。 友だちに追加

2017J1リーグセレッソ大阪最終節の感想

スポンサーリンク



あぁ、今年のリーグ戦ももう終わりかぁ。セレッソ大阪はアルビレックス新潟とアウェーで対戦しました。

セレッソ大阪は勝っても負けても3位確定。私がこの試合、セレッソ大阪に望むことは有終の美。

有終の美とは「自分たちのサッカーをやり通して最後を立派に仕上げること」を意味します。攻守の切り替えを早く、パスをつないで勝点3を得る。そして杉本が得点王が獲得する。それを達成すれば今年のリーグは気持ちよく仕上がる。そう思ってました。

しかし、そう上手くはいきませんでした。アルビレックス新潟は降格しますがもう来シーズンを見据えて、次につながるサッカーを展開していました。セレッソはダメでしたね。

とりあえず一旦、試合の感想を書きます。

セレッソ大阪対アルビレックス新潟の感想

セレッソのスタメン。画像はフットボールラボさんより引用。今年もお世話になりありがとうございました。

 

セレッソ大阪はガチメンバーです。試合前は順位に関係のない試合のためメンバーを入れ替える?来シーズンに向けて試してみる?なんて個人的に予想してました。

監督が選んだのは「有終の美」。そして天皇杯に向けて最後の課題出し。そんな感じでしょうか。

試合は前半からアルビレックス新潟の前線からのプレスが素晴らしかったです。2歩も3歩も早く深くプレスをかけてきます。

セレッソは手をやきました。ディフェンスラインからのつなぎ、ボランチを経由できない時の弱さを露呈しました。

プレスの運動量から見て普通なら試合終了まで続くようなプレスでは無かった。でも、アルビレックス新潟は試合終了まで続けた。敵ながらあっぱれです。

セレッソ大阪の出来は良くなかった。最後までミスが続いた。選手の集中もどこか足りないものがあったのは事実ですが、アルビレックス新潟のプレスが効いていたんだと素直に思います。プレスがセレッソに自由を与えなかった。

そしてセレッソはセレッソらしさを出せないまま1-0で負けました。内容的には情けないものでした。とても有終の美とは言えません。

とてもこんな試合もあるわと割り切れません。3位なんだろ?もっとできるんじゃないのか?強さを定着させる気は無いのか?と思いました。

自分たちのサッカーすらできない。最終節なのに。ゲーム中に立て直せないリズム、これは一番の課題です。

セレッソに想うこと

今シーズン3位は素晴らしい成績でした。ハイレベルな上位争いで3位を勝ち取ったことは感動ものです。自分たちは間違ってないと自信にもなります。

でも、セレッソはまだ本当に強いクラブとは言えません。最終節での負けで痛感しました。本当に強いクラブは負けない。調子を崩しても引き分ける。

負けないというベースがあって初めて勝ちきれる。それがないとまたまだ強豪にはなれない。その点、川崎フロンターレは圧巻でしたね。

最終節は5-0。ついでに小林のゴールラッシュで杉本は得点王を逃した。川崎フロンターレは歴史的にも出来過ぎな最終節でしたが、強豪鹿島アントラーズの上に行くにはあれだけの結果を勝ち取らなければならないわけです。

セレッソは3位でしたがJのトップへの壁は高く厚く。セレッソの力ではまだまだ登りきれないものだと実感しました。優勝争いってやべーなマジで!

3位は喜んでいい。でもその先は想像以上に困難な道が待っているわけで、3位で喜ぶと共に来シーズンの険しさに気が引き締まる想いになりました。

今年もリーグが終わりました。たくさん勝ちましたね。喜びの方が多いシーズンでしたね。やっぱサッカーはいいな。好きなクラブがあるって幸せだな。ほんと楽しいシーズンだった。やっぱ「勝」って幸せなことだと実感。

勝負は来シーズン。セレッソは地に足つけて、J1に定着する安定した自力をつける必要があります。今シーズンの喜びを胸に来シーズンの冒険に出発しようぜなんて思いました。今シーズンがたまたまの3位と言われないように。

あっそうそう。これで今シーズンのリーグ戦は全試合見て記事に出来ました。個人的に偉業達成です。最後までお読みいただきありがとうございました。

おわり。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

セレッソマン

人生はREALTIME ACTION ADVENTURE!をコンセプトに自分を盛り上げるためにブログを書いている。大阪で生活中のサラリーマンでtwitterをフォローすると喜ぶ。