『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』現在友だち34人ご利用中!友だちになるとツイッターでは流さないメモ&日記サイトの更新情報が届く特典あり。 友だちに追加

2017Jリーグ第32節セレッソ大阪対マリノスの感想

スポンサーリンク



なんだか久しぶりのリーグ戦でした。前節の大宮戦は10月29日。すごい昔に感じますね。その後、ルヴァンカップ優勝!優勝でっせ。

優勝…くうっうシビレル〜嬉しかったなぁ。

あの感動は絶対忘れない。

セレッソマン
ほんまセレ盛りな日でした、さっ次はリーグ戦!

そう、シーズンはまだまだ続くのだ。リーグは3位以内に入らないといけない。天皇杯は優勝しないといけない。今シーズンは最後まで気が抜けないぞ。

そんな中、11月18日はリーグ戦でマリノスと対戦しました。

セレッソ大阪対マリノスを見て

セレッソのスタメンです。いつもの通りフットボールラボさんより引用。

最近はこのメンバーですね。いつものって注文するとこのメンバーが出てくる。そんな定食感。他にもいいメンバーいるんですが、まぁ今はこれですね。

試合の感想

この日はダゾーンで観戦。最近ダゾーンをテレビで見れるようにしたから快適!まぁFire TV Stickをテレビに接続しただけなんだけど、大画面(タブレットより)で見れるのは幸せだ。

Fire TV Stick (New モデル)

そしてキックオフ。
セレッソの印象はいつもの感じでした。良くもなく悪くもない。普通の立ち上がり。この試合に限っては普通の立ち上がりでも大したもんなんですよ。

ACL出場圏内の3位を争うライバルとの対戦。しかもアウェーで観客約3万5千。そんな大きな一番なのに普通の立ち上がりで淡々と試合してるセレッソ。なんかルヴァン終えてどっしりと落ち着きましたね(byひいき目)。

普通に試合をするセレッソ。そんな時は…ほらやっぱりスコッと先制される。13分技ありミドルを決められた。バブンスキーでした。そのまま前半を1-0で終える。

そして後半。今シーズンのセレッソは後半から動きが変わることがよくある。ハーフタイムにしっかりと意思疎通、戦術共有をしてくる。だから、このまま試合が終わるとは思えなかった。必ずスコアは動くぞと思った。マリノスが追加点ならズルズルと負けそうだし、セレッソが追いつけば面白くなりそう。そう思っていた。

そんな後半。セレッソは、まさかのゴールラッシュを見せる。清武弘嗣(64分)水沼宏太(68分)杉本健勇(70分)マテイヨニッチ(87分)まじかまじかと思ってる間に4点も。6分間で3点も取ったんか!そんな試合もあるんだな。このタイミングでそんな試合を繰り出すのか。嬉しいと共にびっくりした。

プロであってもどこかでバランスを崩したりタガが外れると連続で失点するんだな。これはセレッソにもありえることで、今回はセレッソが勝ったが気をつけないといけないと思う。

サッカーはリズムや流れがあり、どこかで崩壊するとあれよあれよと失点する。どうしても失点が止まらなくなる。今回はそれがマリノスだっただけでセレッソだっていつそうなるか分からない。勝ったけどなんか人ごとではない不思議な怖さを感じる内容でした。

まっ、とにかくセレッソは4-1で逆転勝ち。リーグ3位死守。上出来!万歳、このまま行こう!

次はリーグで神戸と対戦。リーグ戦もホーム最終戦ですね。私も見に行く予定。天気も試合も晴れたらいいなぁ。美しい11月の締めくくりを!

おわり。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

セレッソマン

人生はREALTIME ACTION ADVENTURE!をコンセプトに自分を盛り上げるためにブログを書いている。大阪で生活中のサラリーマンでtwitterをフォローすると喜ぶ。