『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』現在友だち34人ご利用中!友だちになるとツイッターでは流さないメモ&日記サイトの更新情報が届く特典あり。 友だちに追加

六甲山フィールドアスレチックへ行く、時間、費用、心構え

スポンサーリンク



子供はアスレチックが好きなんで思う存分楽しませてやろうと関西でも屈指のアスレチックである「六甲山フィールドアスレチック」に行ってきた。参考にその概要をまとめます。

六甲山フィールドアスレチックの概要

規模と遊具の数

アスレチックは全長1kmのコースになっています。コースには全40種類のアスレチックがある。40種類のアスレチックで遊ぶことはそうそう無いですよね。六甲山フィールドアスレチックは巨大なアスレチックなんです。コースの設定としては40種を遊びながら一周するレイアウト。小学生低学年以下はその内20種類を遊べる難易度になります。

コース設定は基本的に全40ポイント次々と進むことになりますが子供の能力に任せてできるものは頑張ってクリアーする。できないものは諦めて次に進むといった身体能力に合わせた遊び方をみなさんされていました。

ホームページはあるか?

分かりやすい綺麗なホームページであります。
六甲山フィールドアスレチックのホームページはこちら。

場所

六甲山の中にある。住所は〒657-0101 兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲4512−98。

営業時間

10:00~17:00(15:30受付終了)。

営業期間

2017年は3月18日(土)~11月26日(日)がオープン期間です。

注意!年中遊べるわけではない

年中オープンしていないので注意したい。六甲山の冬は寒いため春から秋がオープン期間となります。参考に2017年は3月18日(土)~11月26日(日)がオープン期間です。

注意!雨の日は遊べない

雨が降ると遊具が滑り危険なため天候により営業時間の変更や中止となる場合があります。行く前にホームページでチェックした方が良いです。

遊び方のコツ

おすすめの駐車場と混雑状況

駐車場は当日の遊び方によりおすすめの場所が変わります。フィールドアスレチックのみで遊ぶならフィールドアスレチック内の駐車場が最も近いです。10台ほどとめることができます。
六甲山カンツリーハウスにも行くのであれば、六甲有馬ロープウェイの六甲山頂駅の駐車場がおすすめ。アスレチックもカンツリーハウスも近い。ロープウェイを使わない場合は駐車料金が必要(510円)だがアクセスは最高です。

10月の日曜日の9時50分くらいでフィールドアスレチックの駐車場は満車。ロープウェイの六甲山山頂駅の駐車場は半分も埋まっていない状況でした。参考まで。

アスレチックの所要時間

10時ちょうどに行くと入場待ちの列ができています。15分くらい入場待ちしてアスレチックスタートです。子供たちはざっくり1列に並び順々にアスレチックに挑みます。
40ポイント回るために必要な時間は開園時間に行くと1時間30分〜2時間。昼時なら混雑するため3時間かかります。アスレチックは朝早く行った方が良いです。子供が渋滞しながらアスレチックで遊ぶとさすがに回転が悪く時間がかかります。

子供の装備、服装

手袋は売店で売っています。ほとんどの子供は手袋無しで遊びます。ロープを掴んだり木を触るので気になる人は手袋があった方が良いです。
▼ハーフフィンガーならカッコよさ倍増(by Amazon)


服は当然汚れても良い服がおすすめ。怪我にも備え長袖と長ズボンが良いです。木に全身でつかまるような動きもあります。(参考まで10月の朝の六甲山は半袖ではさむいです。)

虫や怪我に注意

ここは山の森の中。虫除け虫刺されの薬は必要です。10月であれば蚊はいませんでしたが用意した方が安心です。


あとは消毒液と絆創膏を準備。アスレチック内は木の根が所々で地表に出ています。大人でも油断するとつまずきます。怪我はするものと思っておきましょう。

チケットの買い方、料金

入場口はチケット売り場と入口が同じ場所になります。そのためチケットを予め買っていても入場口では待たされます。
チケットはフィールドアスレチックのみの券とカンツリーハウスも共通で使えるチケットがあります。買う時には決めておく必要があります。

料金はフィールドアスレチックのみの場合、大人(中学生以上) 930円/小人(4歳~小学生) 510円 。
カンツリーハウス共通の場合、大人(中学生以上) 1,230円 小人(4歳~小学生) 620円です。

六甲山フィールドアスレチックへ行く心構え

車の運転は注意しよう

アスレチックまでの道は山道でカーブが多い。安全第一で行きましょう。後ろに車がいてもスピード注意。カーブはゆっくり走りましょう。

汗をかく汚れる怪我をする虫に刺される準備をしておこう

アスレチックはアウトドア。基本的には危険な遊び。親として必要以上の準備をしていこう。装備を万全にするなら帽子、手袋、長袖、長ズボン。虫除け、虫刺されの薬、消毒液と絆創膏を持っていこう。

春や秋は寒さ対策が必要

羽織ることができる長袖は必需品。六甲山は想像以上に寒いです。

子供に無理をさせない

子供はどんなアスレチックでも挑戦しょうとする。登ったけど降りれない、途中で動けなくなる。そんな時にはすぐに助けることができるよう準備しておこう。親は常にリスクに備える。安全に遊ぶために必要なことです。

最後に

六甲山フィールドアスレチックは何回来ても子供は楽しそう。山で全身を使って遊ぶ。子供本来の幸せな遊ぶ姿が見れます。たくましくなったなと成長を実感できます。
安全にそして激しく楽しく。六甲山には楽しい遊ぶフィールドがたくさんあります。とにかく安全第一で楽しんできてください。

おわり。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

セレッソマン

人生はREALTIME ACTION ADVENTURE!をコンセプトに自分を盛り上げるためにブログを書いている。大阪で生活中のサラリーマンでtwitterをフォローすると喜ぶ。