『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』現在友だち34人ご利用中!友だちになるとツイッターでは流さないメモ&日記サイトの更新情報が届く特典あり。 友だちに追加

沈んで浮上してセレッソ大阪対ベガルタ仙台の感想

スポンサーリンク



2017年Jリーグも第27節。セレッソ大阪はベガルタ仙台と対戦。この試合含めリーグは残り8試合、首位鹿島アントラーズとは勝点差10。

優勝するためにはどぅ考えても負けてはいけない。残り全勝しないといけないほどの窮地に立たされているセレッソ。もうあとがない毎試合がラストチャンスという気持ちでベガルタ戦に挑んだ結果1-4でセレッソは負けた。

この敗戦にはマジで気持ちが萎える。こんな結果を目の当たりにするとブログも書けなくなる。元気でないですよ。
▼そしてこんなツイートをした


心もセレッソも沈みっぱなしではいけない。浮上しなくてはさぁ切り替えて、切り替えて進んでいこう。

セレッソ大阪対ベガルタ仙台の感想

まずはセレッソ大阪のスタメン。画像はいつもおなじみフットボールラボさんより引用。

▲おっ表示が顔写真から攻撃守備のポイント表示に!
CBPとは…

▲まぁ貢献度ですね。フットボールラボさんは面白いデータ分析をしていて感心します。

そんなスタメン。まぁいつものメンバーです。選手に不足なし。絶対勝つと思ってました。

この試合、セレッソは悪くなかった。ただ先制されたことで全ての流れが変わってしまった。先制されたのは42分。前半が終わろうとした時だった。

後半はまず追いついて逆転しないといけない。セレッソには勝利しかいらない。ウエイトは攻撃へ傾く。でも追いつくことができないままむかえた25分仙台に追加点を奪われる。

仙台の出来も良かったがセレッソはバランスを失った。守れているようで守れていない守備。結果論であるが勝たないといけないというプレッシャーは思ったより影響が大きかった。そしてセレッソは1-4で負けた。

金鳥スタジアムの不敗神話も優勝戦線からの離脱と共に幕をおろした。桜は4失点と大きく散った。悔しかった。これが現実。うまくいかないものだなと思った。サッカーって難しい。鹿島アントラーズってどんなけ底力あんねんって思った。首位で勝ち続ける。それどんな気持ち?サポーターはどんな感情?って思う。

悔しいけどセレッソはここまでかもしれない。あとは少しでもリーグで順位を上げるために応援しよう。そして何よりカップ戦で優勝すること。最後まで希望を持って応援しよう。沈んだ後にどれだけ浮上できるか。切り替えて進んでいくのみだ。
尹晶煥監督の試合後のコメント

痛かった分、もっと成熟、成長できると思います。そこから最善を尽くして頑張っていきたい。

同じ気持ちになった。
この敗戦を無駄にしてはならない。

おわり。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

セレッソマン

人生はREALTIME ACTION ADVENTURE!をコンセプトに自分を盛り上げるためにブログを書いている。大阪で生活中のサラリーマンでtwitterをフォローすると喜ぶ。