『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』現在友だち34人ご利用中!友だちになるとツイッターでは流さないメモ&日記サイトの更新情報が届く特典あり。 友だちに追加

オススメのカップラーメン熱湯60秒でサプライズ倍増

スポンサーリンク



お酒を飲んだ帰りに電車で思う。
「あぁ今日は食べずに飲んでばっかやった…」
小腹を満たすためラーメンでも食べて帰ろうかと考える。けど残念なお知らせがある。

最寄駅に食べたいラーメン屋さんがない!

時間も時間。電車を途中下車してまでラーメンを食べる気にもならない。これは悩ましい問題。そんな時は決まってコンビニでラーメンを買うことにしている。下手なラーメン屋よりコスパに優れるからだ。

コンビニに入る。コンビニは決まってセブンイレブン。
「セブンイレブン、ほろ酔い気分〜🎶」と歌わずに店に入る。
そしてカウンター時のサイドバックがごとく一心不乱にカップラーメンコーナーへ進む。


コンビニのカップラーメンはピンキリでたくさんの品揃えがある。今日の気分は「麺の細いやつ〜」と決めている。あんまり麺をブバブバしたくないからだ。そして適当にとんこつラーメンを買う。とんこつラーメンは麺が細いからね。


そして家に帰る。レッツティファール!なんてことないただの湯沸かしのことである。


カップラーメンの調理に取りかかる。
そこで驚く。


の…の…濃厚。違う違う。


なんと待ち時間
60秒〜っ!!

待ち時間60秒のカップラーメンとアピールについて

私がなぜ今回60秒にこんなに驚いたのか。それは買う時に熱湯60秒で完成することを知らなかったからだ。
このカップラーメンを選んだ理由は60秒だからではない、バリカタの細麺だったからだ。

60秒で完成する価値を知らずに買い、後から60秒と知った時の喜びは驚きに変わる。それはまるでサプライズカップラーメンだった。

となると…このカップラーメンはパッケージの表に熱湯60秒と書かずにフタの裏にデカデカと
「このラーメンは熱湯60秒で完成」
と書いた方が話題になったのではないかと思う。

逆にパッケージ表に熱湯60秒と書いてしまうと「味より時間が自慢なんちゃうか?」という疑いも持たれてしまうかもしれない。長所を沢山アピールするとアダになることもある。これ自分を売り込む時も同じです。

売りは1つでいい。「バリカタ麺が自慢の濃厚とんこつラーメン」これで十分だ。60秒はサプライズ付加価値。お客さんの買ってよかった感にとどめを刺す。そんな演出もありだと思うな。

自分の60秒の記載の見落としがサプライズになり、アピールのしかたの勉強になった。そんな出来事でした。


あっラーメンうまかったです。60秒はマジ付加価値!

おわり。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

セレッソマン

人生はREALTIME ACTION ADVENTURE!をコンセプトに自分を盛り上げるためにブログを書いている。大阪で生活中のサラリーマンでtwitterをフォローすると喜ぶ。