『友だち追加を押すとLINEに更新情報が届きます』現在友だち34人ご利用中!友だちになるとツイッターでは流さないメモ&日記サイトの更新情報が届く特典あり。 友だちに追加

セレッソがアントラーズに負けたからもっとワクワク柿谷にしよう

スポンサーリンク



8月26日Jリーグ第24節。セレッソ大阪はホームで首位の鹿島アントラーズと対戦した。
この記事を書いているのは8月29日全くタイムリーに記事を更新していない。ちょっと九州に遊びに行っていて…その模様はまた記事にします。

九州でもセレッソの試合は見たよDAZNで。ホテルにWi-Fiあるからはアマゾンのfireタブレットも持って行ってた。自宅でもDAZNはfireタブレットで見ている。どこでも手軽に見れるから最近のお気に入りスタイル。

Fire 7 タブレット (Newモデル) 8GB、ブラック

九州で遊んだ後、ホテルで周りが寝静まってからDAZNを開く。さぁアントラーズ戦の始まりだ。

セレッソのスタメン。画像はフットボールラボさんより引用。

トップにはリカルドサントスでなく澤上が入る。澤上は潰されてなんぼのしぶとく献身的なフォワード。グチャグチャになりながらのチャンスメイクやゴールに期待。泥臭いパーツをスタメンにはめ込みセレッソはアントラーズに挑んだ。

セレッソ対アントラーズの感想

試合はアントラーズが1-0で勝利。まあ多くのサッカーファンから見れば妥当な結果になった。セレッソやっぱ強いなぁと思わせることができず悔しかった。

でもセレッソはホームらしく戦ったと思う。内容ではアントラーズより良かった。でも内容だけで勝てないのがアントラーズの勝負強いところ結果はなぜかアントラーズに転がる。その強さは伝統とかジーコスピリッツとか美化されるから何としても倒したかった。グスン。

セレッソは日本代表に選出された杉本に期待は集まったが惜しくもゴールできなかった。そこは残念。次、次と頑張ってもらうしかない。ストライカーは反省はそこそこに前を向き続けるのが仕事。代表が覚醒を加速させると信じている。成長して帰ってこい。

個人的に気になるのは柿谷曜一朗。ポテンシャルを発揮できず納得いくパフォーマンスを示せていない。もう少しって所で足りない、後一歩何かが足りない感じが最近は続いている。見ていてストレスがたまる。

テクニックはあるが力強さや粘りが足りない。失礼な表現だがシンプルすぎて物足りない。元々、綺麗な流れるようなプレーをする選手だから力強さはないけど、今は全く怖さがない。油断するとやられる、一瞬の隙間から出てきて相手をピンチに追いやる切れ味がない。本能に任せた攻撃性も見えない。

なんというかゴールから2歩下がったくらいの場所にいてワクワクが足りない。それをチームのためにバランスを見てプレーしていると言えばそれで片付いてしまうが、柿谷にはやはりゴール前にスルリと侵入するプレーやずる賢いイタズラなプレーを期待する。何よりゴール前で躍動する姿が似合う。チームの先頭に立って攻撃する姿が見たい。

柿谷に自由を

多分私はもう柿谷に我慢できなくなってきている。柿谷をフォワードで使ってくれと思う。山村のブレイクでチームも好位置につけた今シーズン。柿谷のサイドハーフ起用を我慢して見ていた。器用でサイドハーフもできるので山村ありきなら変える必要は見当たらなかった。でも今はアントラーズに負けて5位になった。山村も欠場中。清武もそろそろケガが治る頃?もう、トップは杉本と柿谷でいこうやって思う。

シーズンの残りはセレッソの良さを出していこう。サイドハーフでストレスためる柿谷はもう嫌だ。柿谷は自由の多いトップでその才能をもう一度使い切ってほしい。成果がでなくてもいいから一回フォワード柿谷をやってほしい。一度ワクワクすることやってみたら?いざサクラスペクタクル!と感じている。

アントラーズに負けたことでなぜだかセレッソのセレッソらしさである柿谷にフォワードやらせようやなんて思いました。シーズンの残りは柿谷のブレイクに賭けてみる。途中から山村に代えてもいいので。一度柿谷に賭けてみてもサポーターは怒らないと思いますけどねっ。そんな冒険はしてくれないかな手堅くいくのかなやっぱり。あぁ見たいなぁ。

おわり。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

セレッソマン

人生はREALTIME ACTION ADVENTURE!をコンセプトに自分を盛り上げるためにブログを書いている。大阪で生活中のサラリーマンでtwitterをフォローすると喜ぶ。